旧古河庭園・秋のバラフェスティバル〜秋の土曜のお詫び〜

_20191021_071005-c536b.JPG_20191021_070933-4686c.JPG_20191027_165556.JPGDSC_0511-154f6.JPGDSC_0506_2.JPG皆さん今晩は、郁人です。

早くも日曜も夕方を過ぎましたが、この週末は如何お過ごしでしたでしょうか?

自分の住まう街近辺には「旧古河庭園」と言う都立庭園があり、明治期にイギリスから来日し、日本の洋式建築の基礎を日本人建築家達に教えた偉大なる巨匠「ジョサイア・コンドル」氏が設計した洋館も建って居ます。

都内のあるコンドル氏の有名建築としては、湯島の「旧岩崎邸庭園」、御茶ノ水の「ニコライ堂」、こちらは完全な復元建築ではありますが有楽町の「三菱一号館」(今は美術館になって居ますよね)等が残存して居ます。

古河庭園は珍しく洋式庭園と和庭園の両方があるのですが、洋式庭園の薔薇は春バラ・秋バラと年2回咲いてくれるので、庭園も薔薇に合わせて春秋2回のフェスティバル期間を設けて居ます。

春秋共に大体3週間前後開催してくれる為、何時もであればもう少し早い時期に鑑賞に行くのですが、今月は少しバタバタして居たせいか昨日ようやく行って来ました。

昨日は初めて「ボランティア・ガイド」の方に庭園をくまなく説明して貰えるツアーへも参加した為に写真を撮る余裕が余り無く、又秋のフェスティバルは夜間鑑賞を実施しない為、上の画像は今年の春の夜間ライトアップ時の物です。

ライトに照らされた薔薇達、一段と綺麗ですよね〜

3枚目の奥に洋館が見える画像が庭園から見た古河邸なのですが、お世話になって居る事務所社長が写り込んで居る物しか手持ちが無く、見映えが良くなすみません(笑。

都立庭園は何処もお勧めですし、古河庭園の様にボランティア・ガイドさん居る庭園も多いので、秋真っ盛りのこの季節、是非行かれてみて下さい。


さて実は昨日8月に呼んで頂いたお客様からリピート予約の打診が店長へあったそうなのですが、22:00〜のお時間希望との事で自分の終電事情で結局伺わせて頂く事が出来ませんでした。

昨日自分のスケジュール確認の為にZIPへご連絡下さったお客様、私の都合で伺えず申し訳ありませんでした。

そして改めまして8月に伺わせて頂いた際は有り難うございました。

これは元々の性格なのですが、自分は後輩は元より先輩・上司へも言いたい事は言わせて貰う、先方からしたら大変面倒なタイプの人間の為、今現在お世話になって居るZIP店長へも失礼ながら同じ様にさせて頂いて居ます。

杉野店長は聡明で落ち着いた方なので、必ずこちらの意見・事情をきちんと考えて提案又はアドバイスを下さるので、今回もより多くのお客様にご利用頂くには…と少し考えて、早速「22:00〜のロングコースを新設して頂けませんか?」と提案してみました。

自分は6月中旬にZIPへ所属させて頂いたばかりの新参者ですが、諸先輩方と違い指圧技術が乏しいにも関わらず入れて頂いた「売り専」出身の為、ロングコースは当たり前の様にコース化されて居たんですよね。

杉野店長がZIPを信頼と品格のある店舗としてやって行きたいとお考えなのは普段の自分への対応からもある程度理解して居るつもりですし、その考えの元に経営しているからこそ、ZIPのお客様は本当に紳士的な方ばかりだな〜と売り専上がりの自分などは毎回驚いてしまいます。

自分も一応会社所属の為、週末又は祝前日しかやらせて頂けないかとは思いますが、取り敢えず昨日のお客様の希望が叶えられる様に店長へ打診してみました。

ZIPには杉野店長の他にトップに当たるオーナーがいらっしゃる為、「まずはオーナーへ郁人からこう言う申し出があった事は伝える」と言って頂きました。

皆さんはロングコース、いかが思われますか?

結果はどうなるかは分かりませんが、とにかく我々に取ってお客様のリピート程嬉しい物は無いんですよね。

ですので皆さんも諸先輩方共々、ふと我々の事を思い出して頂けましたら、是非リピートをお願い致します(笑!

最後になりましたが一番上の2画像は久しぶりに自分の今朝の画像です。

それでは皆さん明日からは又新たな一週間、体調には留意してお互い頑張りましょう!
★⇒東京ゲイマッサージ